ハンサードが日本で行う投資運用業および商品について

ハンサード・インターナショナル・リミテッドは、マン島金融サービス機構(IoM FSA)より保険業のライセンスを受け(認可番号72)、ヨーロッパを中心に資産運用商品として広く普及しているユニット・リンク保険(いわゆる変額保険)を提供する生命保険会社ですが、日本においては、金融商品取引法が規定する投資運用業の登録を受け、当社商品のファンド運用業を行います。

投資運用業と商品の区分について

投資運用業の種類
(金融商品取引法 該当箇所)

概要
(主な商品)

投資法人資産運用業
(第2条8項12号イ)

資産の運用に係る委託契約に基づく登録投資法人の財産の運用
(REIT)

投資一任業
(第2条8項12号ロ)

投資一任契約に基づくお客さまの財産の運用で、有価証券又はデリバティブ取引に係る権利に対する投資として行うもの
(ファンドラップ)

投資信託委託業
(第2条8項14号)

投資信託委託会社としての投資信託の運用
(投資信託)

ファンド運用業
(第2条8項15号)

信託受益権(投資信託の受益証券を除く)又は集団投資スキームの権利者から出資された金銭等の自己運用で、運用資産の50%超を有価証券又はデリバティブ取引に係る権利に対する投資に充てるもの
(当社商品)