ハンサードの商品について

商品概要

ハンサード・インターナショナル・リミテッドでは現在商品を開発中です。販売開始に向け、適宜商品に関する詳細情報を公開させていただく予定です。

以下ご参考まで、現時点の商品概要についてご覧ください。

なお、本件に関しては、当社の情報提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。また、記載された内容等は、作成時点の当社の判断であり、今後予告なしに変更されることがあります。

ハンサードは個人のお客さま向けの資産運用商品を開発しています

ハンサード・インターナショナル・リミテッドの商品は、日本国内に居住している満20歳以上の方が契約加入者となり、ご自身の資産運用の目標を達成するために柔軟に投資を行うことができるプラットフォームの開発を目指しています。

日本の法令における商品の位置付けとして、商法(明治32年法律第48号。その後の改正を含みます。)第535条から第542条までの規定が適用される匿名組合契約に基づく出資持分に類する外国の投資スキーム(金融商品取引法第2条第2項第6号)として、有価証券の一形態に分類されます。一般的には、いわゆる2項有価証券といわれるものです。

(参考)「投資運用業等 登録手続ガイドブック(参考1)金融商品取引法に関する補足」

ハンサードの商品にかかる業務区分

ハンサード・インターナショナル・リミテッドは、日本において金融商品取引法が規定する投資運用業の登録を受け(関東財務局長(金商)第3143号)、当社のお客さま向けの資産運用商品のファンド運用業を行っています。

当社が行うファンド運用業は、金融商品取引法が規定する投資運用業の業務区分の一つに該当します。

ハンサードの商品の特長

ハンサード・インターナショナル・リミテッドが現在開発中の商品には、複数のファンド(投資オプション)が設定されます。投資オプションは、外部投資ファンドの運用成果を享受するハンサード・ユニットファンドと、預金金利相当で運用されるハンサード・マネープールがそれぞれ複数用意されます。

お客さまの最大の目的は、本商品に設定される投資オプションの成長による中長期的な資産の増大です。

なお、本商品は、契約加入者が選択する投資オプションの運用実績等により、損失が生じることがあります。これらの運用による損益はすべて契約加入者に帰属します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。

高品質なファンドラインナップ

世界規模の金融情報サービス提供会社の助言をもとに、ハンサードが投資オプション(お客さまが選択できる運用先)を厳選しました。投資オプションには、国内では購入できないファンドや機関投資家向けファンドが含まれているなど、投資の魅力にあふれています。

一部引出および解約

中長期投資を前提に運用を開始しつつも、お客さまの資金ニーズに変化があった場合など、いつでも運用資産の一部を引き出したり、解約できます。一部引出や解約にかかるペナルティや手数料は一切ありません。

指定受取人サービス

万一の場合に備えて、当社商品の運用資産について、お渡ししたい方をご指定いただけます。

万一お客さまに相続が発生した場合、指定受取人(法定相続人)の方は、相続手続きの完了を待たずに当社商品の資産を継承できます。

指定受取人の方は、ご事情に応じて、契約を解約して現金化することも、解約せず契約を引き継いで資産運用を継続することもできます。

もしものことがあった時はご家族に資産をスムーズに引き継ぐことができるので、お客さまご本人も、心置きなく運用を続けることができます。

ハンサードの新商品に関する、より具体的なコンセプトはこちらをご覧ください。

ハンサードの商品のお取り扱いについて

前述の通り、ハンサードの商品は、金融商品取引法第2条第2項第6号として、有価証券の一形態に分類される、いわゆる2項有価証券です。

当社商品の勧誘・販売については、当社と契約を締結した販売会社である登録金融機関(銀行、信託銀行、信用金庫等)の他、証券会社を含む第二種金融商品取引業者によるお取り扱いが可能です。

(参考)「投資運用業等 登録手続ガイドブック(参考1)金融商品取引法に関する補足」

当社において、商品開発が完了し、詳細のご説明が可能となり次第、皆さまに順次ご案内申し上げたく存じます。

ホーム